IPOまだやってる方いるようですね

私は当分の間、様子見ですが、それにしても長すぎますね〜。

ウェブマネーが上限で買い気配

ウェブマネーが上限30万円で買い気配ですね。 当選者はひさびさのバイザ〜イってとこでしょうか。

アイティメディアの初値25万円を抜いて、今年一番の初値ぶっ飛びIPOはどうやらこのウェブマネーのようですが、ちょっと小粒なのが残念。


ところで東山フイルムはBBブックビルディングしましたか? 私は見送っておりました。 ひょっとしてBBした人全員が当選じゃないかな〜と思っていたのですが...なんと周りでBBしていた人全員が落選でした。 やっぱ野村證券だな〜ってとこでしょうか(笑)。 当たるはずのIPOもなかなか当たらないところですから。 資金ゼロでBBできるところってのは、ろくに調査せずにBBしちゃう人が相当数いるのかもしれません。 まさか当たるなんて思ってなくて、当たってしまって泣きを見ることになるんですね。


あと、NEO3番手のジャパン・ティッシュ・エンジニアリングはどうでしょう。 これも初値予想が公募価格とほぼ同額でショボイですね。 F子ちゃん予想の下限が公募価格と同額ですから、これまでの経緯を見る限り公募価格割れ予想ってことですね。 NEO市場もどうやら冷めてまいりました。 この会社、赤字なんですね。 こういう状況での上場ってよくありませんね。 とはいえ、上場数が激減しているので贅沢はいえませんが。

大和証券主幹事銘柄はまったく当たりませんwww

IPO新規公開株の仮条件情報です。

       株柄                  仮条件   
 (株)プレサンスコーポレーション      175,000円
 ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング   110,000円
 (株)トレジャー・ファクトリー         120,000円

---------------------------------------------------------------------------------

(株)ウェブマネーは落選です。 大和証券主幹事銘柄はまったく当たりません。

IPOはやっていればそのうちに必ず当選が来る...といいますが大和の完全抽選だけは当たったためしがありません。 さすがに切れそうです(笑)。

(株)ウェブマネーは今年最後?の初値上昇期待株柄だっただけに...くそ〜!


----------------------------------------------------------------------------------------

これはIPO Challenger (メルマガ)からの情報です。

注目するべきこととして次の2つあります。

■公開価格は適正に決めるべし。

■名寄せを強化せよ!さらに各証券会社に渡って重複申し込みを排除すべし。

これはかなりの変化ですね。

野村證券や大和証券など、18社の証券会社と証券取引所が集まって出しました。

参加者で、UBS証券・リーマン・ブラザーズ証券・メリルリンチ日本証券ゴールドマン・サックス証券はあまり馴染みのない証券会社です。

それはそれとして、幹事会社としてよく出る会社で出ていない会社が以下のようにあります。

   高木証券・松井証券・楽天証券・カブドットコム証券・東海東京証券
   ORIX証券・イー・トレード証券・岡三証券・極東証券・そしあす証券
   水戸証券・エイチ・エス証券

約半数が参加していないわけです。これでも出た結論はかなり強制力があり証券会社は従うようです。

2006年7月からかなりの証券会社が変わりました。これは、2005年11月に「新規公開株の配分のあり方及び価格決定等について」とまとめた事が実施されたのです。

金融庁では平成18 年3 月以降、「証券会社の市場仲介機能等に関する懇談会」で検討し、6 月30 日検討の内容を「論点整理」として公表しています。

これを受けて平成18 年9月に「会員におけるブックビルディングのあり方等に関するワーキング・グループ」を設置して4 回に亘って鋭意検討を行ってきました。
 
市場環境等が大きく変化したことから、議論を一時期中断しましたが、IPOの現状を踏まえ再度論点を絞り議論を行いました。 そして平成19 年11月にこの報告書にまとめられたのです。


ブックビルディングに関する問題点を以下のように掲げています。

イ.需要の重複申告、空積み

  この重複申告というのが、「できるだけ多くの証券会社で申告をする」ことを
  とりあげています。これはみなさんやってることでしょう(笑)。

  でも、「空積み」とは知りませんでした。これは、BB(ブックビルディング)の
  需要の申告を主幹事証券会社に報告する際に投資家からの申告がないの
  に申告があったとしたり、投資家から申告された需要数量を水増ししたり
  するのだそうです。社内検査、行政当局の検査、取引所の考査及び日本
  証券業協会の監査で指摘される事例が後を絶たないそうです。

ロ.ブックビルディングとその後の配分との関係

  これは需要を申告した中から配分先を決定する形と購入申込をした中から
  配分先を決定する形があることです。

ハ.ブックビルディングの価格発見機能

  ブックビルディングを通じて決定される公開価格が流通市場の実勢を反映
  していない(初値との乖離がありすぎる)のではないかと指摘している。

新・新興市場NEOの出足まずまず

ユビキタスは新・新興市場NEO幕開けにふさわしいデビューを飾ってくれました。

10万円が40万円と400%の騰落率ですから。

これは今年2番目の上昇率ですよ。手(チョキ)

ま〜、その後の連続S安はご愛嬌でしょうか(笑)。

これからは地合の悪さにも負けないIPOを次々と放ってくれることを期待したいものです。


さっそくですが、次のNEO銘柄が需要申告を始めました。

割安なので人気が集まって高倍率になりそうですね。


NEOでは毎月1社を上場するくらいの予定だそうです。 これは楽しみです。揺れるハート


仮条件が出ているのは次のとおりです。


   株柄              想定価格    (売買単位)

 (株)スタートトゥデイ     +160,000

 東山フイルム(株)        +75,000   100

 (株)リンクアンドモチベーション +90,000

 CDS(株)           +90,000

 (株)太陽工機         +137,000   100


さあ、12月に上場する株柄がそろってきましたよ〜。 例年のように今年の年末IPOもブレイク
するのでしょうか。

アールエイジから復調の兆し?

IPOはアールエイジから復調しているようにも思えます。 少なくとも人気銘柄はローリスクで利益が出ていますすね。 でも、株式相場自体は、アメリカ、中国、香港など全体的に下落しているのでこれから先も確信がもてません。


ま、銘柄選択を見極めて、コツコツいきましょう!




                     公募         初値      初値売利益
               
2163 アルトナー         2000円  →     4000円       20万円  


3251  駐車場綜合研究所    27,000円   →     77,500円      50,500円


2164  地域新聞社         115,000円   →    140,000円       2.5万円 


3091  ブロンコビリー       2,450円   →    2,170円      −2.8万円



この4銘柄の内ブロンコビリー以外は、予想通りの初値をつけました。 そして、アルトナーや駐車場綜合研究所は予想を上回った結果でした。


ま〜、前日ニューヨークの大幅下落と、人気がいまひとつだったブロンコビリーは公募割れしかたないですかね。


現在のように市場が不安定なときは、人気がいまひとつの銘柄は、公募割れするリスクが高いです。


前日にニューヨークや、アジア株などが下落したら地合いは簡単に悪くなります。 もちろん上場日の前日のことは購入申し込み段階ではわかりませんからジタバタしてもしかたないのですが。


リスクが取れない方は、当面、人気銘柄のみのBB参加でもいいかもしれません。 僕は人気銘柄だけに絞ってBBしてまっす。


今後のIPOでいえば、現在のところシナジーマーケティング、MICメディカル、ウェブマネーでしょうか。

IPOナインユーが

IPOナインユーがEトレード証券で


      補欠〜


20株申し込んだから、ひょっとして10株くらい当選してんじゃないかと...


心配していましたが(笑)。


う〜む...意外と倍率高かったのか。


下馬評が悪くても開けてみないとわからないのがIPO。

当選者は上場日まで心配でならんでしょう。

はたしてどうなりますやら猫


1日1クリックお願いいたします揺れるハート
   
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

IPOナインユーのBBどうします?

IPOナインユーのブックビルディングしましたか〜。

       僕はしました〜。


IPOBB価格19.7万円で計20株。 フィスコは初値予想を引き上げてきました。25〜30万円ですって。


ほんとかよ〜。


ちなみにマネックスのIPOBB番号を参考にすると...当選確率は約2倍。


    2株BBすれば、当たりまっせ〜。


さぁ、さぁ、さぁ、どうするどうする。 IPOBBは実質、明日(7月2日)までですよ〜。


去年の楽天主幹事IPOメンバーズの悪夢が頭を過ぎりますわwww。 

当たっても、あーならないことを今回は祈ります。


IPOブログランキングご協力お願いいたします。 1日、1クリックで揺れるハート

   
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ 

IPOの初値が調子いいです

                            公募    初値    初値売り利益  
6/21  8732  マネーパートナーズ    21万円   37万円     16万円  

6/22  6634  ネットインデックス    48万円   141万円     93万円

6/22  3853  インフォテリア        6万円  15.3万円     9.3万円

6/26  2158  UBIC                 8,500円  20,300円    11.8万円 

6/27  2157  コシダカ          26万円      35万円        9万円    


IPOの初値、調子いいですね。手(チョキ)


明日は注目のアイルですか〜。 これでまたIPOブームを巻き起こしてくれ!
   

楽天のマネーパートナーズ当選倍率は

         すっげ〜低かったようです。

たったの57倍とか。 ん〜、意外に人気がないんですね。

どうりで、楽天に資金集中させて当選した人が多いわけだ。

ちなみに、NTTDイントラマートは約670倍、サイバーコムは約980倍だったそうです。



話はガラッと変わって...


         アジアメディア(2149)がやっぱり強い


ひえ〜、改めて中国関連株の底力を見ましたわ。 これもバブル?


あと、今年の頭に上場したIPOで一人気を吐いているのがAQインタラクティブ(3838)。

ついに、上場来最高値を超えてきました〜。 ここ数日で一気に来ました。 このまま突き抜けるんでしょうか。

あ、それと寺崎電気(6637)も着てますよ〜。 最高値更新しそうな勢い。 日経平均しだいでしょうけど。


直近IPOで元気があるのは、フリービット(3843)を併せたこれら4銘柄。 やっぱ上がるIPOを予想するのは

        難しいっす!

新規承認:ネットインデックス

証券コード:6634

主幹事  :大和証券
上場市場 :ジャスダック
事業内容 :通信関連機器の開発・製造・販売、通信関連システムの開発・保守サービス

公開株数 :1,100株(公募850株)
需要申告 :6月6日〜12日
購入期間 :6月15日〜20日
上場日   :6月22日

初値上昇指数: 4 (5段階評価)

昭和59年に本多通信工業株式会社の出資を受け本多エレクトロン株式会社として設立。通信回線用機器の設計・製造を開始。平成16年に株式会社インデックスが株式取得し子会社となる。翌年社名変更。

事業内容は、PHSや3.5Gのデータ通信カードなど通信機器の開発・販売及び付帯するサービスの提供。主要取引先はウィルコムや京セラ、日本通信など。

業績は好調。08年度は増収増益予想。

突然ですが...

タイトル変更しました〜(笑)

IPOセカンダリーだけじゃアクセスがぜんぜん伸びませんので。


それで、結局ここもIPOでは一番人気のある初値予想とかをメインにすることにしました。

まったく優柔不断で申し訳ございません。

最近、記事投稿をさぼっております

いつもここをチェックしてくださっている方には大変申し訳ございません。


最近、記事投稿をさぼっております〜 ふらふら

こうも新興市場がさっぱりだとIPOセカンダリー以前にやる気がなくなってしまいます。

まあ、先日上場したタケエイ(2151)はいい感じで初値以上を維持していますので、ちょっとは気を持ち直しております。

そんでもって今日の日経は久方ぶりに1万8千円を回復してきましたね。 新興指数もよろしく後をついてきてちょうだい...って願うばかりです〜。


余談ですが、最近かなりネガティブになって落ち込んでいた最中...

カービューが新光で当選!黒ハート

ほとんどIPO公募株乞食になり下がっていた僕でした。


ネクストジェンってさいて〜

 いつも見てくれる人がいますので、あんまりここをほっておけません。
 
なんかしら書いておきましょう...ん〜と。
 
 
あの、ところでネクストジェンってさいて〜ですね...なんて(笑)。
 
今日はザラ場寄らずのストップ安ですか。 は〜、そうですか。
 
なんでも第1四半期決算が嫌気されたとか。 そんでもって計画未達懸念がなんたら。
 
だから、とても今の株価は説明できないと。
 
あちゃ〜、ここを一押ししていた僕としては非常に辛いっす。
 
 
ところで、イーキャッシュがまた盛り返してますね...ってのはどうでしょう。
 
盛り返してるぞ〜、とみせかけて最後がドスンですか。 これも本気で買い上げてるとは思えませんね。
 
 
なんにしろ、もう新興市場はどうにもなりませんな〜。
 
またまたマザーズ指数は安値更新。 どこまで落ちる新興市場...ってか。
 
 
 
 
 

ありゃ、ジェーソンが。そしてフリービットが...

ジェーソン(3080)が突っ走っておりますね。 この銘柄って地味すぎてぜんぜん監視しておりませんでした(笑)。 IPO空白期間が終ってみれば...最後まで元気よかったのはここでした〜ってか。 なんでかな〜、よくわかんね〜。 なんでこんな100株単位で地味業種銘柄がここまで物色されるわけ。 そういや仕手筋は100株単位がお好きでしたね。 あと、IPO空白期間突入最直前I銘柄の1つではあったな〜(もう1つはアジアメディア)。 

それから、フリービット(3843)が今日はひさびさのS高(+10万円)ですか。 なんでもインベスコ投信投資顧問が新規で5.03%も取得したと。 この影響で同時期に上場したゴルフパートナー(3074)、ネクストジェン(3842)、ジーダット(3841)なんかも連れ高してました。 それでもネクストジェンにはちょっとガッガシですな〜。 こんなんじゃ〜許されんぞ。インベスコはここ買わんのかいな。

ちょーちょーちょーいい感じ?

ちょーちょーちょーいい感じ...って知ってましたか?
 
これ、今日のNHK「クローズアップ現代」で紹介されていた保田隆明さんの超人気ブログですね。
 
今現在、ぜんぜんアクセスできませんが...ひょっとしてNHK放映後にサーバーがパンクしたか。
 
あの人の情報源は日経新聞だけだったそうな。 ふ〜ん、それであれだけの記事が書けちゃうわけですか。
 
アルファブロガーへの道は意外と誰にでも転がっているのかな...なんて思ったりして。
 
 
さて、最近めっきり1部市場が立ち直った感がありますね。 世界同時株安で損切りしてしまった優良銘柄がことごとく最高値更新してきていて、見るのが辛いです。 任天堂に、冶金工に、SUMCOに...とほほ〜。
 
反面、新興市場はあいかわらず閑古鳥っぽいです。 結局、IPO空白期間で直近IPOの物色はありませんでしたね〜。 完全に肩透かしを食らいました。
 
ん〜、だけどアジアメディアなんてブラックホースがやたら元気よかったりして。 も〜、いやになっちゃいますね。 いまさら買えませんし〜(笑)。 恐るべし中国株人気。 後出しジャンケンはいけませんけど、僕はここは買いじゃないかと思ってたんですね〜。 なんせ、中国パワーにあやかってる銘柄ですから。 あ、後出しジャンケンですけど(笑)。 しっかし、上場前のあの評判の悪さでは手が出せませんでした。 IPO株を評価するところがいかにいいかげんなコメントをしているか今回よくわかりましたね。
 
 
 
 

データアプリケーション対策

明日、データアプリケーション(3848)が上場します。

これは小粒ですね〜。小粒は需給がひっ迫するので明日も直近IPOリバウンド相場が続けばセカンダリもおいしそうです。

でも、やっぱり初値しだいですよ〜。公募価格はけっして割安ではないので、予想初値を超えたら様子見が賢明です。ま〜、JQですからそうでなくても僕は最初は様子見です(笑)。


<データ>
 上場日: 2007年4月25日
 市場: JQ
 主幹事: 新光証券
 事業内容: ソフトウェア製品開発、運用支援
 公開規模: 6億円
 公開株数: 3000単位 (1単位=1株)
 公募株数: 2000単位

 ロックなしのベンチャーキャピタル持分: 1150単位
 公募価格:20万円(PER:24.5倍)
 F社初値予想:32万円(PER:39.2倍)

ケアネット対策

明日、ケアネット(2150)が上場します。

ここは今日のアイティメディアと似たかんじですね。 業績はいいけど、VCが多い。

地合いが好転しないかぎり高値で手を出すのは危険そう。

20万円くらいで寄り付くか、そのへんまで落ちてきたときに様子見て買う戦法でいきましょう。


<データ>

 上場日: 2007年4月20日
 市場: マザーズ
 主幹事: 野村証券

 事業内容: 製薬企業向け医薬営業支援サービス

 公開規模: 19.6億円
 公開株数: 10000単位 (1単位=1株)
 公募株数: 1000単位

 ロックなしのベンチャーキャピタル持分: 3680単位

 公募価格:17万円(PER:10.6倍)

 F社初値予想: 25万円(PER:15.6倍)

タグ:ケアネット

アイティメディア対策

あちゃ〜、すっかり更新するのが遅くなってしまいました。 前回のIPOからすっげ〜間が空いてしまったので、ここに投稿しなきゃいけないのを忘れておりました。

あ、それでアイティメディア(2148)ですよね。 他のはどうでもいいです(笑)。

実はこれ公募で当たっちゃったんですね。  

初値が予想値を超えるようだったら一旦初値で売って、それから様子見てセカンダリ参戦ってことでいきます。

この新興の地合いじゃ、公募付近で寄り付くことだって考えられるわけで。 そうなりゃ一気に短期資金が集中してS高?

公募株持ってると心境は複雑です。


<データ>

 上場日: 2007年4月19日
 市場: マザーズ
 主幹事: 新光証券

 事業内容: IT関連情報を提供するメディア運営

 資金調達額: 23億円
 公開株数: 5392単位 (1単位=1株)
 公募株数: 5000単位

 ロックなしのベンチャーキャピタル持分: 3106.5単位

 公募価格:45万円(PER:43.3倍)

 F社初値予想: 70万円(PER:67.4倍)



ODKソリューションだけがハッスル!

今日は相場が想定外にしぼんでしまいました。 なんなんでしょうね。 せっかくいいかんじで上げてきていたのに。 さすがにこれだけ日経平均が下がれば元気のよかったIPO関連銘柄も足場を失ってしまいます。 前場まではなんとか頑張っていた銘柄も後場には総崩れとなりました。 昨日上場してロケット発射したMMのエイチアイはド派手に下落。 前場の勢いはなんだったの?と思わせるような有様でした。 結局、ロケットは大気圏の外に出れなかったのですね。 チャートを見るとそんな絵です。

昨年IPOの星GCAもこのところ息を吹き返していましたが、今日の後場には連れ安でした。 期待して買い戻していた人はあ〜残念。 

そんな中、ODKソリューションだけがなぜかハッスル、ハッスル。  どうやら筋が介入しているらしい。 月曜からは値幅制限が2万円にきり上がりますが、そこですかさず売り抜ける算段だというウワサ。 ご用心、ご用心。




直近IPOがついに崩壊!

直近IPOがついに崩壊してしまいましたね。それにしてもみごとな崩壊でした。特にネクストジェンは(笑)。特買いから、寄ったかと思ったらいきなりの特売り〜。 しかしま〜、すばらしいあのヘラクレスのシステムで特売りですからね。爆弾が破裂したくらいの威力があったんでしょう。投売りの威力がね。

代わってEギャランティなんかの準直近IPOが物色されておりました。ほんとみなさん次に移るのがすばやいですね(笑)。 

あと、僕が先日ピックアップしていたパイプドピッツなんかの昨年暮れIPOもいいかんじで上げてきています。これからろくなIPOがないのでこれらの銘柄が引き続き蒸し返しで物色されそうですね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。