来年の日経平均はどうなる

さあ、今日でとうとう2007年もおしまいですね。 年末になるとテレビや新聞で来年の日経予想だの為替予想だのやってますが、見る方はけっこう冷めてるんじゃないでしょうか。

M2Jで橘田氏がおもしろいこと言ってました。 予想はひらがなで書けば「よそう」ですけど、これを逆さに読むと「うそよ」。 予想はみんな「うそ」っていうジョークだそうで。 なるほどたしかにそうですね。 当たったからといって単なるマグレにすぎないでしょうから。 

今年最後の「ガッチリマンデー」では日本の有名社長がそれぞれ来年の日経平均予想をしておりました。 みなさん、右に習えで18000〜20000円でしたね。 日本企業は過小評価されているというのが一致した意見でして、国内の投資家はもっと自国の企業を信じるべきだと。 といっても外国人の売りにメゲずに買い向かう人はいないはずでして、かなり希望的観測の空元気予想とお見受けしました。

あと、「ブロードキャスター」に出演していた榊原氏と藤巻氏のガチンコはおもしろかったです。 いつも悲観的予想の榊原氏と楽観的予想の藤巻氏。 藤巻氏が「サブプライムローン問題もそろそろ峠を越えようとしています」と言ったそばから榊原氏が「来年はいよいよ世界経済が景気後退に入っていきます」とバッサリ。 これでは藤巻氏の面子がつぶれると察したMCの福留アナが「お二人でご意見がまったく違うんですね〜」とフォローすると、これをまったく意に解さない榊原氏は「彼(藤巻氏)は自分の希望を言ってるだけで、私は事実を言ってるんです」だって。 これには呆れてしまいました。 予想が外れることで有名な氏ですから、逆にこれで来年は期待が持てそうと思ったのは私だけでしょうか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75725812

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。