データアプリケーション登場

本日、データアプリケーション(3848)が上場しました。

こりゃニューフレアにお株を奪われてしまいましたね。文字通り「お株」を(笑)。終わり値は公募比約+70%とどちらもごかくなんですが...どっちが明日GUで、どっちがGDかは明らかですわな。

データアプリは初値が高杉晋作です(古いギャグ)。この地合いでよくもまあ、あそこまで初値特攻する人がいたもんだ。IPO空白期間を織り込んでの特攻だったのでしょうか。ん〜、どうだろう、あの高値(42万円でしたっけ)を超えていけるでしょうか。ちょっと厳しいような気がするが...でもわからんです。火がつけばこういう小粒IPOはすっ飛びますから。

それに比べてニューフレアは大穴でした〜。完全に無視していたら、いつの間にか大ブレイク。後場あんだけ先物下げたのに逆行高の一人勝ちですからね。買えた人オメデトさん。半導体製造装置関連銘柄恐るべし。予想屋のF社もここをあなどっておったな。ハッハッハッ。

<データアプリケーション 5分足>
f[^Av.jpg

<データ>
 上場日: 2007年4月25日
 市場: JQ
 主幹事: 新光証券
 事業内容: ソフトウェア製品開発、運用支援
 公開規模: 6億円
 公開株数: 3000単位 (1単位=1株)
 公募株数: 2000単位

 ロックなしのベンチャーキャピタル持分: 1150単位
 公募価格:20万円(PER:24.5倍)
 F社初値予想:32万円(PER:39.2倍)

 初値:38万円 (PER:46.5倍)
 騰落率:90.0%
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。